カラコンを入れる時の大切な準備

カラコンの入れ方には順序があり、まず始めに準備することがあります。まず一つ目は、手を必ず洗うということです。黒目に直接装着するものなので、不衛生な状態では良くありません。眼病につながることもありますので、衛生面には十分に気をつけましょう。また、手を洗わないでレンズに触ると、油性の汚れが付着し、レンズがくもる原因にもなります。カラコンの入れ方においてとても大切な準備は、メイク前に入れておくことです。アイメイクだけでなく、ファンデーションも要注意です。装着時にまぶたを触りますので、無意識のうちに指にファンデーションがついている場合があります。レンズをきれいに保ちたいのであれば、これらを怠ってはいけません。

入れる方法と事前の準備

カラコンの入れ方の前に準備として、手洗いを必ずしましょう。化粧品やハンドクリームなどが手に残ったままだと、レンズが汚れ目にも汚れが入ってしまいます。次の準備は、レンズが汚れていないかチェックします。レンズに汚れやホコリがないか、水分が付いていた場合はふき取っておくと付けやすくなります。カラコンの入れ方は、レンズを乗せている手の中指で下のまぶたを下げてもう片方の手で上まぶたを上げます。まっすぐに前を見たままレンズを黒めに乗せ、乗ったことを確認したらゆっくりと手を離します。装着後はゆっくりと2,3回まばたきをして外れなければ完了です。

カラコン装着の情報

新着情報

↑PAGE TOP