カラコンの入れ方の注意点とは

カラコンの入れ方で注意する点は、裏表をしっかり確認することです。間違って入れると、ゴロゴロと不快感が出てしまい、黒目にキズがついてしまう場合もあります。左右対称のデザインなので、模様では判断がつきません。指の腹に乗せて、レンズがきれいなお椀型になっているかを確認する必要があります。カラコンの入れ方でもうひとつ注意することは、ネイルで黒目を傷付けないように気をつけることです。レンズは黒目に沿って馴染むように設計されているので、装着する際は、下半分の黒目に軽く乗せると、沁みることなく上半分もうまく貼り付いてくれます。初心者でも必ず慣れますので、要領をつかむまで練習しましょう。

入れる方法で注意すること

目のトラブルをなくすためにカラコンの安全な使い方をみていきます。それではまず、入れ方のコツを確認します。まずは手をきれいに洗い、タオル等のほこりがつかないように気を付けます。レンズの表裏をチェックします。ホコリがついていないかを確認し、目の上を片手の指でおさえ、そのまままっすぐレンズをいれます。そのとき注意しないといけないのが、必ず目をつぶってはいけません。しっかりと瞳のうえにレンズが入ったら、ゆっくりと目をつぶります。そして、何度か目をまばたきさせます。この時に注意したいのが、レンズをふんわりのせること。あまり力を入れないことです。入れ方は慣れることがいちばんです。オシャレのアイテムの一つとしてカラコンは人気ですが、自分の目はしっかり守って使用したいですね。

カラコン装着の情報

↑PAGE TOP