カラコンの入れ方のコツ

市販されている一般的なソフトコンタクトレンズとカラコンは、取り扱い方に大きな違いはありません。ただし、レンズに色素が含まれている関係上、酸素透過率や含水率という観点では通常レンズと比較するとやや低くなりますので、適切な取扱が重要です。入れ方のコツは、一度パッケージから出したあとにコンタクトケア用品の液体で軽くすすいで、十分に水分を含ませてからそっと目の中に入れるというのが良いでしょう。扱う指が汚れていないことも重要ですので、しっかりと手洗いをするのもコツの一つです。正しい入れ方と適切な取り扱いをすると、カラコンも安心して使用できます。

上手に入れるためのコツ

カラコンは、手軽に瞳の色を変えることができる便利なアイテムです。その入れ方としては、一定のコツがあります。まずは入れる前に、手を清潔にして、レンズにも汚れなどがついていないか確認します。そしてレンズを乗せている中指で下まぶたを下げて、もう片方の指で上まぶたを上げるようにすると、スムーズに入れることができます。また、その際にはもう片方の目をつぶってはいけません。そうすると、レンズを入れようとしれる目にも余計な力が入ってしまうのです。あとはレンズを瞳に押し付けないように優しく装着すれば、完了です。こういったカラコンの入れ方のコツを覚えて、正しく使いましょう。

カラコン装着の情報

↑PAGE TOP